Toggle menu

株式会社FIO

2017年02月27日

【マルシェについて】

こんばんは、確定申告書をやっと提出できて一安心の大神です。闘いはここからですが…フフフッ

というわけで、今回はマルシェについてです。写真とタイトルは全く関係ありません。

フィオを創業してから今年で5年目となりますが、マルシェや出張販売を地道に続けております。

今年は、月に1度第2土曜ヴェールの丘さん、第4土曜バーゼルさんの店先にてマルシェもはじめさせてもらっています。今後はほぼ毎週どこかでマルシェを行う予定です。

つい先日もパークサイドカフェ バーゼルさんで販売をさせてもらっていた時に、外の席に座っていた方と農業の話で盛り上がり「また来月も来るね!」といって帰っていかれました。

もちろん野菜も買ってくださいましたよw

お客様とこんな交流ができるのはマルシェの特徴だと思います。

マルシェを経験して、失敗もたくさんしてちょっとづつ形になり、そこにFIOメンバーの1人が加わりマルシェでの販売の意識を変え、そこから他のメンバーもマルシェに対する考え方が変わりました。

他にも、直売所ができたこともプラスの要因となりました。
「美味しかったらここで販売してるので買いに来てくださいね!」と自信をもって言えるのはやはり全然違います。

マルシェはFIOにとって重要な販売拠点だと考えております。

もちろん、店先を貸してくださっている太っ腹な社長様のおかげで、実現できていることです。本当に感謝しております。

ちゃんと恩返しができるように、FIO野菜の価値を上げて参ります。

FIOは自分達の手で直接野菜を届けることを今後も続けていきますので、ぜひ1度マルシェに足を運んでください。

あなたの知らない野菜もきっと見つかりますよ!

 

FIOの新商品「蓮根スピーカー」でお別れです。

※販売予定はありませんのでご了承ください!

2017年02月23日

パークサイドバーゼルマルシェ

パークサイドカフェ・バーゼル(富士森公園店)にて野菜やハチミツの販売を行います。お散歩やお茶のついでに、ぜひお越しくださいませ!

今回のおすすめの野菜は、とれたてで元気な「ほうれん草」です!
ぜひご賞味ください!


▽FIO野菜図鑑 「ほうれん草」
http://fio8.com/vege/dictionary/hourennsou/


開催概要

開催日時  2017年2月25日(土)9:00〜11:00
開催場所 パークサイドカフェ・バーゼル(富士森公園店)(八王子市台町3-13-4)

2017年02月23日

【おっさんの誕生日】

衝撃的なタイトルで申し訳ありません。

美味しいショートケーキが大好きな大神です。

今日は、火曜日に行われたいつもお世話になっている、牧場のおっさんこと鈴木 亨さんの誕生日パーティーの事を書きたいと思います。まず、説明するとこの方がいなかったらフィオはないと言っても過言ではありません。

今回は、亨さんの娘さんからと2日前に話をして、急遽パーティーを行うことになりました。

急だったので、知り合いの何名かに連絡をして来ていただきました。

パーティー中に、亨さんの挨拶や、娘さんの小学校の時に参観日にゴムチューブを巻いてきた亨さんの話などで盛りあがりました。

最近、本当に涙もろいので、娘さんの話の時になぜか泣いてしまいました。今後も、みんなの誕生日をお祝いしていけたら楽しいなぁと感じます。

この場所をもっと新しい住民や、元々の住民が集まれるような開かれた場所にしていきたいと思います。

最後に、亨さんの63歳になっての抱負が

「まだまだやりたいことがたくさんある!」

でした。

人間年齢なんかじゃなくやる気なんだと思います。

本当におめでとうございます!

火を消す牧場のおっさん

2017年02月20日

【農業と健康な体づくり】

おはようございます。冬の朝がめっぽう弱い大神です。

今日は健康という壮大なテーマにしてみました。

当たり前ですが、健康で病気をしないのが一番です。

特に農業は体が資本なので、やはり体調管理は必須です。

ただ、最近は僕を含め風邪やインフルエンザにかかったりと年齢のせいもあるかもしれませんが…笑

皆さんも感じたことがあると思いますが、風邪や体調不良の時に感じるのは「健康って大事」ということではないでしょうか。

これも年齢のせいかな…?

体の健康と同じくらい大事なことに、精神的健康というのもあるのではないかと思います。

農業は、太陽が出てから沈むまでが仕事です。夜は夜で何かしら作業がありますが、基本的には朝から夜までという時間で動きます。

これは、健康な体づくりを維持する中ですごく重要な要素だと思います。

都心の方で働いている方とお話しすると「1日中外の光が入らないオフィスで蛍光灯の光だけを浴びてると変になりそう。」という方がいらっしゃいます。

ご存知の通り、農業は1日中外で、暑さ寒さがあって雨の中もカッパをきて朝から夕方まで作業をします。

そこで「農業×都心のオフィスワーカー」を繋げるとこんなことができるのではは考えました。

数ヶ月に1度のペースで都心の方々に農作業をしていただきリフレッシュしてもらい、フィオの無農薬野菜を収穫してそれを外でご飯と一緒にサラダで食べてもらい、心の健康につなげてもらう。

もちろん休日ではなく平日の仕事の1日をそれに当ててもらう。

それだけの価値はあるのではないかと思います。

農作業は自然に人と話すきっかけを作ってくれますので、社員さん同士のコミニュケーションも図れますし、きっといいことがたくさん起こる気がします。

やはり仕事をするのも、運動をするのも、遊びに行くのも、すべて健康があってのものだと考えております。

これからは、働く方が減っていく世の中です。従業員の方の健康やメンタルケアというのは企業や会社にとって必須なこととなっていくよう思います。

 

そんな丈夫で心も健康な体づくりにフィオ野菜と農業で貢献したいなぁと考えつつ、今日もカップ麺を食べている自分に喝を入れたいと思います。

 

写真は健康診断を受けて診察を待つ2人のフィオメンバーです。なぜか、かなりビビってます。

 

 

2017年02月18日

【新生フィオについて】

今日は少し真面目なお話を…

と言いつつ、そんなに難しいわけではありませんので最後までお付き合いください!

 

新生フィオの考えていることというか、もともと考えていることですが

「農業でお客様を幸せにする」ということです。

よくお会いした方から「いろいろやってるよね!」「イベントたくさんやってますね!」と言われることがあります。

確かに、イベントも開催させて頂いておりますが、一番力を入れているのは無農薬・無化学肥料で野菜を作っていることです。無農薬で野菜を作るのは本当に難しいことです。虫はたくさんいますし、草取りの回数が多い事や、資材もたくさん必要です。

また、野菜作りと同じくらい力を入れているのが、お客様に自ら届ける事です。そこで直接感想をいただいき、それを野菜作りに取り入れてより良い野菜を生産しています。

最近、私達の思いを理解してくださる方が増えてきて、直売所ジューク・ジュークに毎週お越しになる常連様や、マルシェの常連様などたくさんのフィオ野菜のファンのお客様に喜んでいただいております。

お叱りの言葉もありますが、お褒めの言葉もたくさん頂きますのでここでご紹介します。

「スーパーの野菜は食べられない孫が、ここの野菜なら食べられるのよ!」

「ここのほうれん草を食べたら他のところで買ったものは食べられない!」

「この直売所のおかげで旬の野菜というのがわかった!」

「この小松菜は戦前に食べていた頃の味がする!笑」

などなど

前回書きましたが、畑で直接収穫してもらう体験や、直売所での販売を通して、常連様がたまたま買いに来ていた見ず知らずのお客様に「このかつお菜は本当に美味しいよ!」と勧めてくれたりと本当に素晴らしい連鎖反応も起こっております。

少し長くなってしまいましたが

新生フィオでは

「なんかいろいろやってるね」ではなく

「本当に農業頑張ってるね!」と言われるようになりたいと考えております。

 

これからも持続可能な農業やその場所に必要な農業となるように、

メンバー 一同精進して参ります。

もちろん、イベントも例年通り5月の養蜂イベントや田植え・稲刈りなども行いますので、お楽しみにしてください!

 

以上、インフルエンザから完全回復した大神でした!